コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィン・ウゴル語派 フィンウゴルごはFinno‐Ugric

1件 の用語解説(フィン・ウゴル語派の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フィンウゴルごは【フィン・ウゴル語派 Finno‐Ugric】

ウラル語族フィン・ウゴル語派サモエード諸語に大別され,前者はさらにフィン系とウゴル系に分かれる。フィン系にはバルト・フィン諸語,ラップ語(サーミ語),モルドビン語チェレミス語(マリ語),ジリャン語(コミ語),ボチャーク語(ウドムルト語)があり,バルト・フィン諸語はフィンランド語エストニア語カレリア語,ベプス語,リーブ語ボート語を含む。ウゴル系はハンガリー語とオビ・ウゴル語に分かれ,後者はオスチャーク語(ハンティ語)とボグル語(マンシ語)から成る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のフィン・ウゴル語派の言及

【ウラル語族】より

…北欧からウラル山脈の東側にわたる北ロシアと西シベリアの一部および東欧の一角で話されている言語。ウラル語族はまずフィン・ウゴル語派サモエード諸語に大別される。さらにフィン・ウゴル語派は,バルト・フィン諸語Balto‐Finnic(フィンランド語,カレリア語,エストニア語,ボート語ほか)やモルドビン語,チェレミス語(マリ語),ボチャーク語(ウドムルト語),ジリャン語(コミ語)などを含むフィン語派Finnicと,ハンガリー語,ボグル語(マンシ語),オスチャーク語(ハンティ語)などを含むウゴル語派Ugrianに区分される(図)。…

【ラップ語】より

ウラル語族のフィン・ウゴル語派のフィン語系に属する言語。自称ではサーミ語(サーメ語)。…

※「フィン・ウゴル語派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone