コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フウセンクラゲ(風船水母) フウセンクラゲ Hormiphora palmata

1件 の用語解説(フウセンクラゲ(風船水母)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フウセンクラゲ【フウセンクラゲ(風船水母) Hormiphora palmata】

有触手綱テマリクラゲ科の有櫛(ゆうしつ)動物(イラスト)。日本近海にふつうに見られるプランクトンの一種。体は長さ1.5~4.5cmの細長い風船型。体表には8本の櫛板列がほぼ全長にわたって存在し,櫛(くし)の歯のような櫛板を細かく動かして移動する。体の両側から1対の長い触手を生ずるが,この触手には規則正しく枝が並んでおり,全体が縮むと口道管に密接している深い触手鞘(しよくしゆしよう)の中に納まってしまう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のフウセンクラゲ(風船水母)の言及

【クシクラゲ】より

… 世界で約140種が知られている。フウセンクラゲHormiphora palmata(イラスト)の体は,長さ1.5~4.5cmで風船形,日本各地に見られる。カブトクラゲBolinopsis mikadoは,長さ10cmほどの卵形で,下方両側に大きな翼状突起があり,ときに大群になる。…

【クシクラゲ】より

… 世界で約140種が知られている。フウセンクラゲHormiphora palmata(イラスト)の体は,長さ1.5~4.5cmで風船形,日本各地に見られる。カブトクラゲBolinopsis mikadoは,長さ10cmほどの卵形で,下方両側に大きな翼状突起があり,ときに大群になる。…

※「フウセンクラゲ(風船水母)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フウセンクラゲ(風船水母)の関連キーワードアラゲキクラゲビゼンクラゲ有櫛動物帯水母櫛水母琴水母風船水母真水水母赤水母行灯水母

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone