コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フウセンクラゲ(風船水母) フウセンクラゲHormiphora palmata

世界大百科事典 第2版の解説

フウセンクラゲ【フウセンクラゲ(風船水母) Hormiphora palmata】

有触手綱テマリクラゲ科の有櫛(ゆうしつ)動物(イラスト)。日本近海にふつうに見られるプランクトンの一種。体は長さ1.5~4.5cmの細長い風船型。体表には8本の櫛板列がほぼ全長にわたって存在し,櫛(くし)の歯のような櫛板を細かく動かして移動する。体の両側から1対の長い触手を生ずるが,この触手には規則正しく枝が並んでおり,全体が縮むと口道管に密接している深い触手鞘(しよくしゆしよう)の中に納まってしまう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフウセンクラゲ(風船水母)の言及

【クシクラゲ】より

… 世界で約140種が知られている。フウセンクラゲHormiphora palmata(イラスト)の体は,長さ1.5~4.5cmで風船形,日本各地に見られる。カブトクラゲBolinopsis mikadoは,長さ10cmほどの卵形で,下方両側に大きな翼状突起があり,ときに大群になる。…

【クシクラゲ】より

… 世界で約140種が知られている。フウセンクラゲHormiphora palmata(イラスト)の体は,長さ1.5~4.5cmで風船形,日本各地に見られる。カブトクラゲBolinopsis mikadoは,長さ10cmほどの卵形で,下方両側に大きな翼状突起があり,ときに大群になる。…

※「フウセンクラゲ(風船水母)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android