コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フウセンタケ(風船茸) フウセンタケ Cortinarius purpurascens

2件 の用語解説(フウセンタケ(風船茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フウセンタケ(風船茸)
フウセンタケ
Cortinarius purpurascens

担子菌類マツタケ目フウセンタケ科。秋の頃,林下の地面に群生または孤生する。傘は直径5~10cmで,太さ1~2cm,高さ4~9cmの柄をもっている。表面無毛で粘りけがあり,幼時は帯褐紫色または紫色で,比較的早く色があせて粘土色または褐色の斑紋を生じるが,縁にはあとまで紫色が残る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フウセンタケ【フウセンタケ(風船茸)】

担子菌類フウセンタケ科フウセンタケ属Cortinariusキノコ。気球の下にゴンドラをつるしたような形の一群のキノコ。ムラサキフウセンタケコガネフウセンタケ,フウセンタケなど,典型的なフウセンタケは,まんじゅう形のかさで,茎の根もとはそろばん珠(だま)形にふくらみ,かさの縁と茎の根もとの間をクモの糸のような繊維がつなぐ。これは不完全なつばである。この属は種類がきわめて多く,形もフウセンタケとはいえないほどさまざまで,円柱状の茎をもつキノコの方がむしろ多いが,つねに共通なのはクモ糸状の不完全なつばがあること,胞子が褐色でその表面がいぼいぼで覆われることである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フウセンタケ(風船茸)の関連キーワードアセタケ(汗茸)フウセンムシベニタケ(紅茸)風船茸かみふうせんふうせんクジラロンパーちゃんとふうせんマンネンタケコガネフウセンタケムラサキフウセンタケ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone