コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フウセンタケ(風船茸) フウセンタケCortinarius purpurascens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フウセンタケ(風船茸)
フウセンタケ
Cortinarius purpurascens

担子菌類マツタケ目フウセンタケ科。秋の頃,林下の地面に群生または孤生する。傘は直径5~10cmで,太さ1~2cm,高さ4~9cmの柄をもっている。表面無毛で粘りけがあり,幼時は帯褐紫色または紫色で,比較的早く色があせて粘土色または褐色斑紋を生じるが,縁にはあとまで紫色が残る。胞子紋は錆色食用となる。北海道,本州,九州に分布し,ヨーロッパ北アメリカにも産する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フウセンタケ【フウセンタケ(風船茸)】

担子菌類フウセンタケ科フウセンタケ属Cortinariusのキノコ。気球の下にゴンドラをつるしたような形の一群のキノコ。ムラサキフウセンタケコガネフウセンタケ,フウセンタケなど,典型的なフウセンタケは,まんじゅう形のかさで,茎の根もとはそろばん珠(だま)形にふくらみ,かさの縁と茎の根もとの間をクモの糸のような繊維がつなぐ。これは不完全なつばである。この属は種類がきわめて多く,形もフウセンタケとはいえないほどさまざまで,円柱状の茎をもつキノコの方がむしろ多いが,つねに共通なのはクモ糸状の不完全なつばがあること,胞子が褐色でその表面がいぼいぼで覆われることである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android