フウリンソウ(風鈴草)(読み)フウリンソウ(英語表記)Campanula medium; Canterbury bells

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フウリンソウ(風鈴草)
フウリンソウ
Campanula medium; Canterbury bells

キキョウ科の越年草。南ヨーロッパ原産であるが,日本にも明治の初めに紹介され,観賞用として栽培される。は太く粗毛があり,高さ 1mぐらいになる。長い柄の根出葉があり,茎につく葉は卵状披針形でほとんど柄がなく,基部で茎を抱く。5~6月に,総状花序をなして,長さ4~5cm,径 2.5cmぐらいの鐘状の花をつける。花冠の先端が浅く5裂し,この部分だけが平開する。花色は紫,桃,白がある。近縁種変種が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android