コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フウリンソウ(風鈴草) フウリンソウCampanula medium; Canterbury bells

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フウリンソウ(風鈴草)
フウリンソウ
Campanula medium; Canterbury bells

キキョウ科の越年草。南ヨーロッパ原産であるが,日本にも明治の初めに紹介され,観賞用として栽培される。茎は太く粗毛があり,高さ 1mぐらいになる。長い柄の根出葉があり,茎につく葉は卵状披針形でほとんど柄がなく,基部で茎を抱く。5~6月に,総状花序をなして,長さ4~5cm,径 2.5cmぐらいの鐘状の花をつける。花冠の先端が浅く5裂し,この部分だけが平開する。花色は紫,桃,白がある。近縁種や変種が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone