コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フウロソウ(風露草) フウロソウcrane’s bill

世界大百科事典 第2版の解説

フウロソウ【フウロソウ(風露草) crane’s bill】

薬草のゲンノショウコや高山植物のハクサンフウロなどを含むフウロソウ科フウロソウ属Geraniumの総称であり,特定のどの種をさすかは明らかでないが,時にゲンノショウコ(イラスト)をさすこともある。日本では12種が野生し,2,3種が帰化植物として入っている。 草本で,茎や葉は,普通は毛でおおわれている。葉は掌状で,3~7裂に深くきれこみ,長い葉柄の基部には托葉がある。葉の形やきれこみ方は特徴があり,種を見分けるのに役立つ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフウロソウ(風露草)の言及

【ゼラニウム】より

…フウロソウ科の多年草(イラスト)。和名はテンジクアオイ。現在はテンジクアオイ属Pelargoniumとして分類されているが,園芸的には旧属名ゲラニウムGeraniumをそのまま使用している。一般にゼラニウムと呼ばれているものは,南アフリカ原産のモンテンジクアオイP.zonale L.を中心にP.inquinans Ait.などを交配して改良したもので,多くの系統,品種がある。草本質の半低木状となる耐寒性のない多年草で,浅い欠刻のある円状心臓形~腎臓形の葉をつけ,モンテンジクアオイの系統が強く出たものは,葉に褐色輪紋を現すことが多い。…

※「フウロソウ(風露草)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android