フェオファン・グレク(英語表記)Feofan Grek

世界大百科事典 第2版の解説

1330ころ‐1410ころ
ロシアで活躍したギリシア出身のイコン画家。1370年代にはノブゴロドを中心に壁画やイコンの制作にたずさわり,ロシア語でフェオファン・グレク(ギリシア人テオファネスの)と呼ばれた。プレオブラジェニエ聖堂内に〈旧約の至聖三者〉〈聖マカリイ〉など,限られた色彩と激しい筆使いによる厳しい精神主義的作風の壁画を残している。イコンでは,後年モスクワのクレムリン内ブラゴベシチェンスキー大聖堂イコノスタシスの〈デイシス〉(1405)が真筆とされるほか,彼の工房もしくはその流れをくむと見られる作品がいくつか知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフェオファン・グレクの言及

【ロシア・ソビエト美術】より

… 14世紀末から15世紀は,ビザンティン帝国最後のパライオロゴス朝の影響を受けて育ったロシアの個性的な画家たちが輩出した黄金時代であった。その大いなるきっかけは,コンスタンティノープル派の成果を受けつぐと推定されるギリシア人画家フェオファン・グレクのノブゴロド招聘がもたらした。豊かな技量と深い知識をもったフェオファン・グレクはノブゴロド,モスクワを中心とするイコン画家たちに多くの刺激を与える。…

※「フェオファン・グレク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android