コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェネチジン ふぇねちじんphenetidine

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェネチジン
ふぇねちじん
phenetidine

芳香族アミンの一つ。エトキシアニリンともよばれる。化学式C2H5OC6H4NH2o(オルト)-、m(メタ)-、p(パラ)-フェネチジンの3種の異性体が存在し、いずれも純粋なものは無色の液体であるが、空気にさらしておくと赤褐色に着色する。水には不溶であるが、多くの有機溶媒にはよく溶ける。塩基性があるので薄い酸にもよく溶ける。3種の異性体のうちでp-異性体がもっとも重要である。
 p-フェネチジンは、以前には人工甘味料ズルチンの合成中間体として用いられていた。アゾ染料、トリフェニルメタン系染料や医薬品の合成中間体としても重要であり、バナジウムの定量分析の試薬としても用いられている。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フェネチジンの関連キーワードフェネチジン(データノート)フェナセチン

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android