フェリペ(3世)(読み)ふぇりぺ(英語表記)Felipe Ⅲ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェリペ(3世)
ふぇりぺ
Felipe
(1578―1621)

スペイン国王(在位1598~1621)。フェリペ2世の子。1598年フランス、1604年イギリスと和約を結び、ついで09年にはオランダと12年間の休戦協定を結び、その独立を事実上認めた。かくして、戦乱に明け暮れた時代に終止符を打ったが、政治への関心は薄く、この平和を疲弊した王国の財政と経済の再建に利用せず、国政を私腹を肥やすことにのみ熱心なレルマ公に任せ、寵臣(ちょうしん)政治への道を開いた。モリスコ(改宗ムーア人)を追放し、バレンシアその他の地方の農業を荒廃させた。しかし同時に、小説家セルバンテスに代表される文化の黄金時代を迎えたことも事実である。[芝 修身]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android