コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェリョン(会寧) フェリョンHoeryǒng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェリョン(会寧)
フェリョン
Hoeryǒng

北朝鮮,ハムギョンプク (咸鏡北) 道の北部にある町。フェリョン郡の郡庁所在地。中国との国境をなすトゥマン (豆満) 江にのぞむ。高麗末から李氏朝鮮初期にかけては,北辺防衛のための六鎮の一つで,五国城址が残る。中国との貿易が行われ,また上流のムサン (茂山) から流送される木材を陸揚げする。製材,製糖の工場がある。農村部では畑作と牧牛が行われる。付近に鉄鉱山,炭鉱がある。ハンブク (咸北) 鉄道が通る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フェリョン(会寧)の関連キーワードハムギョンプク(咸鏡北)道トゥマン(豆満)江ムサン(茂山)

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android