フェルディナント3世(読み)フェルディナントさんせい(英語表記)Ferdinand III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェルディナント3世
フェルディナントさんせい
Ferdinand III

[生]1608.7.13. グラーツ
[没]1657.4.2. ウィーン
ハンガリー王 (在位 1625~56) ,ボヘミア王 (在位 27~56) ,神聖ローマ皇帝 (在位 37~57) 。ハプスブルク家出身。皇帝フェルディナント2世の長男。父から 1625年ハンガリー王,次いで 27年ボヘミア王を継承。 37年神聖ローマ皇帝に即位。皇帝即位前からすでに政治,軍事に参画し,A.ワレンシュタインを失脚させるのにも貢献した。スウェーデンとの戦いにも勝ち,35年プラハ条約を成立させて諸侯とも和解し,父帝フェルディナント2世の中央集権主義的絶対主義の路線を緩和させた。カトリックを強固に信奉する点では父帝に劣らなかったが,政治的目的達成のために宗教問題で妥協するすべは心得ており,三十年戦争を終結させるために努力した。 49年にオーストリア常備軍を創設した功績も見逃せない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

フェルディナント3世

生年月日:1608年7月13日
ドイツ皇帝(在位1637〜57)
1657年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android