フェルディナント3世(読み)フェルディナントさんせい(英語表記)Ferdinand III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェルディナント3世
フェルディナントさんせい
Ferdinand III

[生]1608.7.13. グラーツ
[没]1657.4.2. ウィーン
ハンガリー王 (在位 1625~56) ,ボヘミア王 (在位 27~56) ,神聖ローマ皇帝 (在位 37~57) 。ハプスブルク家出身。皇帝フェルディナント2世の長男。父から 1625年ハンガリー王,次いで 27年ボヘミア王を継承。 37年神聖ローマ皇帝に即位。皇帝即位前からすでに政治,軍事に参画し,A.ワレンシュタインを失脚させるのにも貢献した。スウェーデンとの戦いにも勝ち,35年プラハ条約を成立させて諸侯とも和解し,父帝フェルディナント2世の中央集権主義的絶対主義の路線を緩和させた。カトリックを強固に信奉する点では父帝に劣らなかったが,政治的目的達成のために宗教問題で妥協するすべは心得ており,三十年戦争を終結させるために努力した。 49年にオーストリア常備軍を創設した功績も見逃せない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

フェルディナント3世

生年月日:1608年7月13日
ドイツ皇帝(在位1637〜57)
1657年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android