コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェルナンド[1世] Fernando I

2件 の用語解説(フェルナンド[1世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フェルナンド[1世]【Fernando I】

1380‐1416
アラゴントラスタマラ朝初代の王。在位1412‐16年。カスティリャの王族で,カスティリャ王フアン2世の摂政職在任中にグラナダ王国からアンテケラを奪回したところから,〈アンテケラのフェルナンドFernando de Antequera〉と通称される。王家断絶後のアラゴン連合王国代表者会議で王位継承者に選ばれて即位した。情勢判断の才,決断力,忍耐,指導性など国王としての資質に恵まれ,対外政策ではシチリアの反乱制圧などの成果を挙げたが,内政面ではその絶対主義的姿勢から特にカタルニャ議会と激しく対立した。

フェルナンド[1世]【Fernando I】

1016‐65
初代カスティリャ王。在位1035‐65年。ナバラ王サンチョ3世(大王)の次男で,即位後まもなくレオン王をタマロンの戦(1037)で破って同国を合併,新興カスティリャ王国の地位を固めた。さらに1054年には兄のナバラ王ガルシア3世をアタプエルカに破って東部の旧領土を回復した。この後,今日のポルトガル方面でアル・アンダルス(イスラムスペイン)に対する国土回復戦争に取り組みコインブラに再入植,一時はドゥエロ川に押し上げられた国境線を再びモンデゴ川に押し戻した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のフェルナンド[1世]の言及

【トラスタマラ朝】より

…1369年初頭,カスティリャ王アルフォンソ11世の庶子でトラスタマラ伯エンリケは,父王を継いだ嫡子ペドロ1世をその手で刺殺,エンリケ2世Enrique IIとして王位に就き,新たにトラスタマラ朝を開いた。1410年,マルティン1世の死によってアラゴン連合王国は王家が断絶,12年にカスペCaspeで開かれた代表者会議は,カスティリャ王フアン1世の王子で通称フェルナンド・デ・アンテケーラFernando de Antequera(フェルナンド1世)を新王に選出した。こうしてカスティリャとアラゴン連合王国は同一王朝の統治下に入ったが,このことは約半世紀後のカトリック両王による両国の連合成立を促す要素のひとつとなった。…

【カスティリャ王国】より

…10世紀に入るとレオン王国の衰微,戦乱下の辺境という事情に起因する政治・法律・社会・文化面での特殊性,優れた政治的才覚をそなえたフェルナン・ゴンサレス伯の登場等を要因に内部統一が達成され,レオン王への従属関係はほとんど有名無実となっていった。11世紀前半,後ウマイヤ朝が崩壊してアル・アンダルスが分裂に陥る一方,カスティリャはフェルナンド1世の下にレオンを合併する形で王国となった(1037)。この後,両国は王権による連合と離反を繰り返しながらも再入植運動の進行,移牧経済の発展,社会条件の接近等からしだいに親和の度を深め,1230年フェルナンド3世によって最終的統合に達した。…

※「フェルナンド[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フェルナンド[1世]の関連キーワードアラゴンドラゴンエストラゴンアラゴネーゼ城中日ドラゴンズアラゴアスドラゴンの眼名古屋ドラゴンズペーパー・ドラゴンドラゴン級

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone