コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェロシルト不法投棄事件

1件 の用語解説(フェロシルト不法投棄事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

フェロシルト不法投棄事件

東証・大証一部上場の化学メーカー石原産業(大阪市)が01年〜05年、実質は産業廃棄物である「フェロシルト」や汚泥など計約72万トンを「土壌埋め戻し材」の名目でリサイクル商品として販売し、三重、愛知、岐阜、京都の4府県に埋めたとされる。うち京都府を除く3県3カ所の計約13万5千トン分が起訴された。4府県の埋設地からは、土壌環境基準を超える六価クロムフッ素などの有害物質が検出された。

(2007-06-25 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェロシルト不法投棄事件の関連キーワード石原産業ムードメーカーメーカー品上場銘柄

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone