コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フエ条約 フエじょうやく

世界大百科事典 第2版の解説

フエじょうやく【フエ条約】

1883年と84年にフランスとベトナムとの間に締結された保護条約。ベトナムの植民地化を決定した。1882年のリビエール事件を機にフランスのベトナム北部侵略が本格化し,83年8月フランス艦隊がフエHue(ユエ)を襲った。屈服したフエ朝廷は同月25日,代表アルマンとの間に仮条約28ヵ条を結んだ。これによってベトナムはフランスの保護国となり,トゥーラン(現,ダナン)など3港が開港され,フランス軍による黒旗軍の駆逐が公認された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フエ条約の関連キーワードトン・タット・トゥエットアルマン条約ドゥメールアンナンハムギ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android