コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォイア岩 フォイアがんfoyaite

岩石学辞典の解説

フォイア岩

平板状の長石による准粗面状(trachytoid)組織をもつネフェリン閃長岩をいうが,粗粒で粒状のものもある.大きな半自形のアルカリ長石,ネフェリンやその他のNa-准長石と,少量のNa-輝石などが含まれ,Na-角閃石が含まれることもある[Blum : 1861].ブレガーはこの岩石名をすべての准粗面状組織をもつネフェリン閃長岩に用い,これに対して粒状組織のものをディトゥロ閃長岩(ditroite)としたが[Brögger : 1890],一般には用いられなかった.ポルトガル,シエラ・デ・モンチーク(Serra de Mon-chique)のフォイア(Foya)の地名に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android