コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォスコライト phoscorite

1件 の用語解説(フォスコライトの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

フォスコライト

磁鉄鉱橄欖(かんらん)石燐灰石岩で,南アフリカ,東トランスヴァール(Transvaal)地方のルーレコップ(Loolekop)でカーボナタイトの中心を取り巻いて見いだされた[Russell, Heimstra & Groeneveld : 1955].燐酸(phosphate)塩の岩石がカーボナタイトの中心(core)を取り巻くことから作った岩石名である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォスコライトの関連キーワードソルケダライトキラウェア岩橄欖輝石岩カンバーランド岩コスワ岩バイア岩ホートン橄欖石岩アイリク岩ガレワ岩磁鉄鉱岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone