コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォスコライト phoscorite

岩石学辞典の解説

フォスコライト

磁鉄鉱橄欖(かんらん)石燐灰石岩で,南アフリカ,東トランスヴァール(Transvaal)地方のルーレコップ(Loolekop)でカーボナタイトの中心を取り巻いて見いだされた[Russell, Heimstra & Groeneveld : 1955].燐酸(phosphate)塩の岩石がカーボナタイトの中心(core)を取り巻くことから作った岩石名である.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android