コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォルトゥナ岩 フォルトゥナがんfortunite

岩石学辞典の解説

フォルトゥナ岩

橄欖(かんらん)石,金雲母,稀に古銅輝石の斑晶が,褐色の石基に含まれる岩石.石基には古銅輝石,金雲母,サニディンなどと少量のガラスからなっている.最初にこの岩石名はガラスが非常に多いものに付けられたが[de Yarza : 1895],そのような岩石はすでにヴェライト(verite)と命名されていたので[Osann : 1889],オッサンはフォルトゥナ岩は完全に結晶化した岩石とした[Osann : 1906, Tomkeieff : 1983].古銅輝石ランプロアイトに相当する岩石である.スペイン,ムルシア(Murcia)地方のフォルトゥナ(Fortuna)による.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android