コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォルトゥナ岩 フォルトゥナがんfortunite

岩石学辞典の解説

フォルトゥナ岩

橄欖(かんらん)石,金雲母,稀に古銅輝石の斑晶が,褐色の石基に含まれる岩石.石基には古銅輝石,金雲母,サニディンなどと少量のガラスからなっている.最初にこの岩石名はガラスが非常に多いものに付けられたが[de Yarza : 1895],そのような岩石はすでにヴェライト(verite)と命名されていたので[Osann : 1889],オッサンはフォルトゥナ岩は完全に結晶化した岩石とした[Osann : 1906, Tomkeieff : 1983].古銅輝石ランプロアイトに相当する岩石である.スペイン,ムルシア(Murcia)地方のフォルトゥナ(Fortuna)による.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android