コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォルトゥナ岩 フォルトゥナがん fortunite

1件 の用語解説(フォルトゥナ岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

フォルトゥナ岩

橄欖(かんらん)石,金雲母,稀に古銅輝石の斑晶が,褐色の石基に含まれる岩石.石基には古銅輝石,金雲母,サニディンなどと少量のガラスからなっている.最初にこの岩石名はガラスが非常に多いものに付けられたが[de Yarza : 1895],そのような岩石はすでにヴェライト(verite)と命名されていたので[Osann : 1889],オッサンはフォルトゥナ岩は完全に結晶化した岩石とした[Osann : 1906, Tomkeieff : 1983].古銅輝石ランプロアイトに相当する岩石である.スペインムルシア(Murcia)地方のフォルトゥナ(Fortuna)による.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォルトゥナ岩の関連キーワード古銅輝石無人岩ヒペリタイト橄欖輝石岩角閃古銅橄欖岩グリーンランド岩古銅輝石岩シュリースハイム岩パークナイトワイゲル岩

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone