コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォーシーユ Fauchille, Paul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォーシーユ
Fauchille, Paul

[生]1858.2.11. フランス,リール
[没]1926.2.9. フランス,フォントネーオーローズ
フランスの国際法学者。パリ大学法学博士,フランス国際法雑誌の創刊に貢献。大学の教職につくことなく研究と執筆に従事。 H.ボンフィスの『国際法要義』 Manuel de droit international public (1894) の改訂者として知られ,その第8版を4冊,約 4000ページにわたる『国際公法論』 Traité de droit international public; tomeI,part 1~3,tomeII (1921~26) として完成させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フォーシーユの関連キーワードケクレ安政の大獄徳川家定快楽亭ブラックノルドクビストビュルゲルペリーマクネアレイイーストレーキ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android