コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォー・ホワット・イッツ・ワース

デジタル大辞泉プラスの解説

フォー・ホワット・イッツ・ワース

アメリカのフォーク・ロック・バンド、バッファロー・スプリングフィールドの曲。1967年発表。「ローリング・ストーン」誌が選ぶ最も偉大な500曲第63位。原題《For What It's Worth》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android