コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォー・ホワット・イッツ・ワース

デジタル大辞泉プラスの解説

フォー・ホワット・イッツ・ワース

アメリカのフォーク・ロックバンド、バッファロー・スプリングフィールドの曲。1967年発表。「ローリング・ストーン」誌が選ぶ最も偉大な500曲第63位。原題《For What It's Worth》。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone