コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フクシマ50

1件 の用語解説(フクシマ50の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

フクシマ50

福島第一原発では、東京電力のほか東芝や日立製作所など関係会社の社員たちが復旧作業を続けている。地震発生時には700人以上いたが、3月15日の2号機の爆発で大勢が退避し、約70人で作業を続けた。残った人数は当初「50人」と発表されたため、海外のメディアが「フクシマ・フィフティー」と報じ、広まった。東電によると、現在は約700人が復旧班、情報班、医療班、保安班などに分かれて勤務している。当初は10日以上泊まり込む作業員が多かったが、最近は5勤2休など交代で作業している。

(2011-04-10 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フクシマ50の関連キーワード木川田一隆プルサーマル計画とトラブル隠し原発・核燃料施設労働者の労災浜岡原発プルサーマル受け入れの3条件放射能汚染水丸山桂里奈

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フクシマ50の関連情報