コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フクリンアミジ

1件 の用語解説(フクリンアミジの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

フクリンアミジ

からだはやや硬いセルロイド質の平らな紐状で,叉状に数回分岐し,扇形に広がる。先端は丸く,わずかに凹む。その部分を顕微鏡で観察すると,大きい一つの 生長点細胞が見える。皮層には1層の小さい細胞列,髄層には1層の巨大な細胞列が見られる。この特長はアミジグサ属と一致している。サナダグサ属では表層 細胞列は2層である(サナダグサ参 照)。生体のフクリンアミジの辺縁部はやや厚くなっているが,この部分を切片にしてみると,髄層細胞が辺縁部で多層になっていることがわかる。この特徴は アミジグサ属とニセアミジ属を分かつ大きな特徴である。付着器は糸状で,礫や岩に着生する。生体は黄土色〜褐色,老成すると濃褐色である。日中,盛んに光 合成を行っている海中の生体は,明るい青緑の蛍光色を発し,とても美しい。押し葉標本は台紙によくつかない。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フクリンアミジの関連キーワードアミロイドケロイドセルロイドコロイド化学ロイド眼鏡ピレスロイド正コロイドメタコロイドスフェルロイドクロモ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone