コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フクロウニ(袋海胆) フクロウニ

1件 の用語解説(フクロウニ(袋海胆)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フクロウニ【フクロウニ(袋海胆)】

ウニ綱フクロウニ科Echinothuriidaeの棘皮(きよくひ)動物でフクロウニ属Asthenosomaの3種,または2~3の近縁属の種類の総称。ウニの殻を構成している殻板の結合が十分でないために殻全体が柔軟で,体を変形させることができる。殻板が非常に多く,間歩帯の縦列には35~60個の板が見られ,歩帯板の数はこの約2倍もある。殻径は一般に大きく,10~20cmになるが,高さは2~4cmと低い。4種類の管状のとげがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フクロウニ(袋海胆)の関連キーワードバフンウニ苦労人支那浪人島梟袋打ち折もあろうに面梟フクロウが多すぎるふくろうの叫び福島平九郎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone