コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フクロギツネ(袋狐) フクロギツネcommon brushtailed possum

世界大百科事典 第2版の解説

フクロギツネ【フクロギツネ(袋狐) common brushtailed possum】

三角形の耳をもつ頭部と,ふさふさした毛の生える太い尾がキツネに似た,樹上生の有袋目クスクス科の哺乳類。体長45~62cm,尾長27~38cm。毛は厚く羊毛状で,良質。灰色,赤茶色,黒褐色と毛色にはさまざまなタイプがあり,かつては婦人用の毛皮獣として年間数十万頭の規模で大量に狩られた。育児囊には2~4個の乳頭がある。木の実,花,葉などのほか,昆虫,小動物も食べる雑食性で,その生態は,キツネというよりはリスに近い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報