コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フクロヤマネ(袋山鼠) フクロヤマネeastern pygmy possum

1件 の用語解説(フクロヤマネ(袋山鼠)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フクロヤマネ【フクロヤマネ(袋山鼠) eastern pygmy possum】

有袋目ブーラミス科の哺乳類。姿,習性ともに齧歯(げつし)類のヤマネ,とくにヨーロッパヤマネに似ている。体は丸く,四肢が短い。尾は,ヤマネのそれと異なり基部を除いて裸出し,ものに巻きつけることができる。秋に,冬眠のための脂肪を体に蓄積して著しく肥大するが,この際に尾にも脂肪を蓄えるため,目だって太くなる。耳と目は大きい。体色は黄褐色,目の周囲が黒色。よく発達した育児囊には4個の乳頭がある。体長8.5~10cm,尾長9~11cm,体重15~25g。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone