コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フク団 フクだんHUK

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フク団
フクだん
HUK

タガログ語の Hukbong Mapagalayang Bayanの略称。フィリピンの人民解放軍。 1942年3月中部ルソンで L.タルクを指導者として共産主義者や貧農が結成した抗日人民軍フクバラハップ Hukbalahapの再組織されたもの。日本の敗戦で抗日人民軍は解散し,各種の民主組織が生れていたが,46年4月共産党の非合法化を機として抗日人民軍の再組織による反政府の武装闘争が開始され,50年3月人民解放軍を名のった。しかし,53~54年 R.マグサイサイ大統領のフク団討伐作戦が成功し,勢力を失った。その後 68年 10月毛沢東路線によるフィリピン共産党の再建に伴い,その軍事組織として 69年2月に新人民軍 NPAが再編成され,元フク団のメンバーが中心となって中部および北部ルソンのタルラク,パンパンガ,サンバレス,イサベラなどで武装闘争を含む土地解放の戦いを続けている。フク団最盛期には支持者を合せ数十万といわれたが,現在,新人民軍は退潮傾向にある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

フク団【フクだん】

フクバラハップ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

フクだん【フク団】

フクバラハップの通称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フク団
ふくだん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フク団の関連キーワードエルピデオ キリーノキリノ通称

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android