フシキントキ

海藻海草標本図鑑の解説

フシキントキ

からだは扁圧した円柱状で繰り返しくびれが入り楕円形の節ができる。分枝は叉状または三叉状。盤状の付着器から太く短い円柱状の茎で叢生する。手触りは平滑で弾力があり軟骨質。生体は紅色〜濃紅色。押し葉標本は台紙につかない。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android