フシスジモク

海藻海草標本図鑑の解説

フシスジモク

付着器は直径2cm程度までの盤状で,中央より円柱状のが1本直立する。茎は分岐せず長さは20cmまでに なる。茎からは互生的に枝を生じる。主枝は円柱状もしくはやや角張っており,枝の下部には短い刺状突起を多数持つが,生長するにしたがい脱落し,突起は見 られなくなる。主枝の基部付近など体下部に生じる大きな葉は長楕円形から幅広の被針形で長さ10cm程度までになり,葉頂はヘラ状から円形で,縁はわずか に小鋸歯を持つか全縁である。中は頂端まで達するが埋在している事が多い。側枝など枝末端に生じる葉は小形で細い被針形から線形となり,中肋は不鮮明に なり下部とは全く異なった形態となる。気胞球形から洋梨形で短い柄を持つ。生殖器床は円柱状にして頂端の方に細くなる。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android