コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フジアザミ(富士薊) フジアザミCirsium purpuratum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フジアザミ(富士薊)
フジアザミ
Cirsium purpuratum

キク科の大型の多年草。富士山を中心に関東地方西部と中部地方の南東部に限られた分布をもち,山中の河原やがれ地など,他の植物の生えにくい場所に生える。根は太く,長く横に伸び,の高さは 50~100cmぐらいとなる。葉は茎の基部に密に集ってつき,根出葉は花の時期にも残っていて,白い綿毛をかぶる。8~10月に,管状花のみから成る径6~8.5cmの大きな頭状花を下向きに頂生する。総包片は紫色を帯びて無毛,その縁に小刺針があって反曲し,花期が終るとたわしのように見える。花冠は紅紫色で美しい。根は食用になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フジアザミ(富士薊)の関連キーワードキク科

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android