コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フジナデシコ(藤撫子) フジナデシコDianthus japonicus; Japanese pink

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フジナデシコ(藤撫子)
フジナデシコ
Dianthus japonicus; Japanese pink

ナデシコ科の多年草ハマナデシコともいう。本州以南,沖縄,中国に分布し,暖地の海岸付近に生える。茎は叢生して直立し,高さ 15~50cmぐらい,無毛で下部は木質化する。茎葉対生でほとんど柄がない。長楕円状披針形で,先は短くとがり,厚くて光沢がある。根出葉ロゼットとなり長い。7~9月に,頂生して集散花序に多数の紅紫色の花を密生する。萼は円筒状で5個,花弁も5個で先端に細かい歯がある。観賞用として庭に植えたり,切り花にされ,栽培品には白色花もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フジナデシコ(藤撫子)の関連キーワードナデシコ科

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android