コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フジノハヅタ

1件 の用語解説(フジノハヅタの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

フジノハヅタ

からだは匍匐するやや太い円柱状の匍匐茎と,そこから多数直立する扁圧した直立枝からなる。匍匐茎は下面から仮根を出し,岩などの基物に付着する。直立枝 は扁圧し,上部がやや幅広い逆等脚台形の節状の構造が,背骨のように繋がり,逆等脚台形の幅広となった上部から対生に1対の倒卵形〜倒なす型で扁平な小枝 を生じる。手触りはプリプリしており,やや硬い。生体は濃緑色。押し葉標本は台紙につきにくい。 属名「 Caulerpa 」 は 女性 名詞で,ギリシャ語の「 caulos (茎)+ erpo (地を這う) 」に由来する。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
海藻海草標本図鑑について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone