コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フジノハヅタ

1件 の用語解説(フジノハヅタの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

フジノハヅタ

からだは匍匐するやや太い円柱状の匍匐茎と,そこから多数直立する扁圧した直立枝からなる。匍匐茎は下面から仮根を出し,岩などの基物に付着する。直立枝 は扁圧し,上部がやや幅広い逆等脚台形の節状の構造が,背骨のように繋がり,逆等脚台形の幅広となった上部から対生に1対の倒卵形〜倒なす型で扁平な小枝 を生じる。手触りはプリプリしており,やや硬い。生体は濃緑色。押し葉標本は台紙につきにくい。 属名「 Caulerpa 」 は 女性 名詞で,ギリシャ語の「 caulos (茎)+ erpo (地を這う) 」に由来する。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フジノハヅタの関連キーワード匐枝匍匐匍匐茎匍匐前進砂丘植物ストロンクワイヒジキマコンブマツモ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone