コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フジバカマ(藤袴)(読み)フジバカマ(英語表記)Eupatorium fortunei; thoroughwort

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フジバカマ(藤袴)
フジバカマ
Eupatorium fortunei; thoroughwort

キク科の多年草。アジア大陸の東部に分布する。日本では関東地方より西の川岸の土手などに生えるが,本来の野生ではなく中国から渡来して帰化したともいわれる。観賞用に栽培されることもある。茎は多く集って直立し,高さ1~1.5mぐらいで,下部は無毛である。葉は対生し通常3深裂し,短い柄がある。上方の葉は小型で分裂せず,長楕円形をしている。8~9月に,淡紅紫色の頭状花が密に生じる。各頭花は5個の小花から成り,花柱は長く先は2本に分れる。痩果には白色の冠毛がある。秋の七草の1つで薬用にもなる。中国ではこの草の香気を香水の代りに利用したという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フジバカマ(藤袴)【フジバカマ】

キク科の多年草。関東〜九州,東アジアの暖帯の川岸の土手などにはえる。地下茎は横にはい,茎は多く集まって直立し,高さ1〜1.5m。葉は対生し,ふつう3裂し,やや硬い。8〜9月,茎頂に5個の筒状花からなる淡紅紫色の頭花を多数,散房状に開く。秋の七草の一つ。日本のものは奈良時代に薬用として渡来したものが帰化したと考えられている。
→関連項目万葉植物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フジバカマ【フジバカマ(藤袴) Eupatorium japonicum Thunb.】

自然堤防などの平野部の草地にはえるキク科の多年草(イラスト)。現在では自然草地が開発されてほとんどなくなったため,栽培されているものを見る程度であるが,秋の七草に選ばれているところから,昔はかなり野生のものがあったと思われる。 茎は直立し,高さ2mに達する。地下部は弓状に湾曲して横たわり,そこから根が出る。葉は通常3深裂して,質が厚い。葉の表は濃緑色でほとんど無毛,裏面は淡緑色で腺点を欠く。脈は裏面に隆起している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android