コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フタバガキ(双葉柿) フタバガキDipterocarpus

1件 の用語解説(フタバガキ(双葉柿)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フタバガキ【フタバガキ(双葉柿) Dipterocarpus】

フタバガキ科フタバガキ属Dipterocarpusの樹木(イラスト)。インドスリランカからフィリピンにいたる東南アジアに約75種あり,ボルネオスマトラマレー半島およびミンダナオの熱帯降雨林に多い。ほとんどが常緑で,樹高50~60m,直径1~2mに達し,樹幹は通直,円筒状で,枝下が高い。ただしミャンマーインドシナの数種は乾季に落葉し,樹高も低い。板根(ばんこん)はあまり発達しない。小枝が太く,托葉痕が明りょう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone