コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フダラク

海藻海草標本図鑑の解説

フダラク

からだは厚めの膜状。少し幅のある短い茎状の先に付着器(直径3〜5mm程度)があり,そこから直立する。形は帯 状,長楕円形,腎臓型などが多い。葉部上部で叉状に分かれ,先が尖る事もある。成熟すると体の表面に嚢果の集まりが現れ斑点模様となる。この斑点を”斑 (ふ)”と表した『ふだらけ』が和名の由来。髄層は密な糸状細胞からなり,皮層は外皮層に小さな球状から楕円状の細胞密に連なり内皮層にやや大きめの細胞 が並ぶ。手触りはなめらかな革のようで丈夫。生体は赤・黄・緑と非常に変化に富む。ツルツルタンバノリなどと似ているが,手触りや付着器の違いにより区別される。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android