コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フダンソウ(不断草) フダンソウ Beta vulgaris var. cicla

2件 の用語解説(フダンソウ(不断草)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フダンソウ(不断草)
フダンソウ
Beta vulgaris var. cicla

アカザ科の越年草。トウヂシャともいう。ヨーロッパ南部の原産で,古い時代に中国を経て日本に伝えられ,現在では畑で広く栽培される野菜の一種。サトウダイコン (砂糖大根) と同じ原種から出たと考えられているが根は太くならない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フダンソウ【フダンソウ(不断草) leaf beet】

葉を食用とするアカザ科の一・二年草。トウチシャともいい,ビートテンサイと同一種とされる。原種と推定される野生種ハマフダンソウB.maritima L.はヨーロッパの海岸域からアフリカの北部,さらに西アジアからインドの西部まで広く分布している。根は肥大せず,根生葉を群がりつける。葉は太い葉柄があって卵形,全縁で,質は厚いが軟らかい。春に抽だい(とうだち)し,茎はよく分枝しながら高さ1mほどになり,円錐状に花弁のない黄緑色の小さな花を多数つける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フダンソウ(不断草)の関連キーワードホウレンソウ(菠薐草)白藜松菜火焔菜キクタイサイナバナフダンソウアカザ(藜)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone