コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フダンソウ(不断草) フダンソウBeta vulgaris var. cicla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フダンソウ(不断草)
フダンソウ
Beta vulgaris var. cicla

アカザ科の越年草。トウヂシャともいう。ヨーロッパ南部の原産で,古い時代に中国を経て日本に伝えられ,現在では畑で広く栽培される野菜の一種。サトウダイコン (砂糖大根) と同じ原種から出たと考えられているが根は太くならない。地上部は柄の長い根生葉を生じ,葉面は長さ 20cmほどの長卵形で,葉質は厚く縁は波のようにうねる。初夏に,花茎を 1mほども伸ばしホウレンソウに似た小さな黄緑色の花を何段にも重ねてつける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フダンソウ【フダンソウ(不断草) leaf beet】

葉を食用とするアカザ科の一・二年草。トウチシャともいい,ビート,テンサイと同一種とされる。原種と推定される野生種ハマフダンソウB.maritima L.はヨーロッパの海岸域からアフリカの北部,さらに西アジアからインドの西部まで広く分布している。根は肥大せず,根生葉を群がりつける。葉は太い葉柄があって卵形,全縁で,質は厚いが軟らかい。春に抽だい(とうだち)し,茎はよく分枝しながら高さ1mほどになり,円錐状に花弁のない黄緑色の小さな花を多数つける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

フダンソウ(不断草)の関連キーワードサトウダイコン(砂糖大根)

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android