コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フッ化アンモニウム(弗化アンモニウム)(読み)ふっかアンモニウム(英語表記)ammonium fluoride

世界大百科事典 第2版の解説

ふっかアンモニウム【フッ化アンモニウム(弗化アンモニウム) ammonium fluoride】

正塩と水素塩(フッ化水素アンモニウムammonium hydrogenfluoride)がある。
[フッ化アンモニウム(正塩)]
 化学式NH4F。氷冷したフッ化水素酸アンモニアを通じて析出させるか,塩化アンモニウムフッ化ナトリウムの4:9混合物または硫酸アンモニウムフッ化カルシウムの当量混合物を加熱し,昇華物として得られる。無色六方晶系の柱状晶。比重1.009(25℃)。屈折率1.315。潮解性がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android