フッ化コバルト(弗化コバルト)(読み)ふっかコバルト(英語表記)cobalt fluoride

世界大百科事典 第2版の解説

ふっかコバルト【フッ化コバルト(弗化コバルト) cobalt fluoride】

酸化数IIおよびIIIの化合物が知られている。
[フッ化コバルト(II)]
 化学式CoF2。無水和物は無水塩化コバルト(II)をフッ化水素気流中で300℃に加熱すると得られる。淡紅色正方晶系結晶,ルチル型構造。融点約1200℃,沸点1400℃,比重4.46(25℃)。水100gに対する溶解度1.415g(25℃)。毒性が強い。水酸化コバルト(II)や炭酸コバルト(II)を過剰のフッ化水素酸に溶かし,蒸発濃縮すると条件により2,3,4水和物が得られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android