コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フッ化酸素(弗化酸素) ふっかさんそoxygen fluoride

世界大百科事典 第2版の解説

ふっかさんそ【フッ化酸素(弗化酸素) oxygen fluoride】

フッ素と酸素の化合物で,OF2,O2F2,O3F2,O4F2の4種が知られ,ロケットの燃料として研究が進められている。
[二フッ化酸素]
 化学式OF2。水酸化ナトリウム水溶液にフッ素を通ずるか,HF‐KFの水溶液を電解すると得られる。フッ化カリウムの存在下で水とフッ素を反応させる方法もある。融点-223.8℃,沸点-144.8℃。気体は無色,液体は淡黄色。有毒。フッ化酸素中最も安定で,化学的には比較的不活性であるが,その強い酸化力に特徴があり,ハロゲンと混合するか水蒸気と混合すると室温で爆発。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

フッ化酸素(弗化酸素)の関連キーワード酸化物酸化数酸化物

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android