フトモヅク

海藻海草標本図鑑の解説

フトモヅク

からだは円柱状。分枝は不規則で各方向に互生的に広い角度で出る。小枝をつけることもある。先端は尖らない。横断切片では中軸は多数の細胞糸の束からな り,中軸から放射状に細胞糸が配列し,表面近くで1〜3回分岐または無分岐で末端はゆるく曲がっているのがわかる。切片写真内の楕円形のものは単子嚢。手 触りは粘質に富みヌルヌルとしており柔らかい。生体は黄褐色〜濃褐色。押し葉標本は台紙に密着する。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android