コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フブリ・ダールワール Hubli‐Dārwār

世界大百科事典 第2版の解説

フブリ・ダールワール【Hubli‐Dārwār】

インド南西部,カルナータカ州中西部の工業都市。1961年にフブリダールワールの2都市が合体した。人口64万8000(1991)。フブリの歴史は11世紀にさかのぼり,16~18世紀には交通の要地,また鉄,硝石の集散地として栄えた。1818年イギリス領になり,70年代以後デカン高原の綿花地帯南部の綿花および米の集散地となった。紡績・金属・鉄道工業などの近代工業のほか,絹織物の伝統工業が立地する。ダールワールは都市の規模はフブリより小さいが,カルナータカ大学をはじめ高等教育機関が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android