コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フブリ・ダールワール Hubli‐Dārwār

1件 の用語解説(フブリ・ダールワールの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フブリ・ダールワール【Hubli‐Dārwār】

インド南西部,カルナータカ州中西部の工業都市。1961年にフブリダールワールの2都市が合体した。人口64万8000(1991)。フブリの歴史は11世紀にさかのぼり,16~18世紀には交通の要地,また鉄,硝石の集散地として栄えた。1818年イギリス領になり,70年代以後デカン高原綿花地帯南部の綿花および米の集散地となった。紡績・金属・鉄道工業などの近代工業のほか,絹織物の伝統工業が立地する。ダールワールは都市の規模はフブリより小さいが,カルナータカ大学をはじめ高等教育機関が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フブリ・ダールワールの関連キーワードウロツワフタンペレバーミンガムバンガロールマイソールブロツワフカルナータカ音楽ナーンタリプーネベンガルール

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone