フベントゥ島(読み)ふべんとぅとう(英語表記)Juventud

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フベントゥ島
ふべんとぅとう
Juventud

キューバの西部南岸から約50キロメートルのカリブ海上にある島。旧称ピノスPinos島。面積2398平方キロメートル、人口7万9078(1999)。かつては流刑地で、1953年モンカダ兵営襲撃に失敗したカストロ兄弟は、ここの軍刑務所に収容された。現称のフベントゥ島とは「青年の島」を意味し、キューバだけでなくアフリカ諸国、ニカラグアなどの青少年のための学校が建設され、革命を担う世代の教育の場となっている。学生数は人口の半分に達する。ハバナに次いで邦人移民が多い。行政的には特別自治区で、中心都市は北岸のヌエバ・ヘロナ。[栗原尚子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android