コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フマル酸テノホビルジソプロキシル ふまるさんてのほびるじそぷろきしる

1件 の用語解説(フマル酸テノホビルジソプロキシルの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

フマル酸テノホビルジソプロキシル

フマル酸テノホビルジソプロキシル(商品名「ビリアード」)は、体内に吸収された後に、活性体のテノホビルに変換される。テノホビルは、ヌクレオシド逆転写酵素阻害剤と呼ばれるHIV薬の一種で、HIV‐1ウイルスの増殖に必要なHIV‐1逆転写酵素の働きを阻害し、HIV‐1ウイルスに対する抗ウイルス活性を示す。必ず他の抗HIV薬と併用して用いられる。HIV感染症根治療法薬ではないので、HIV感染症の進展に伴う疾病を発症し続ける可能性があり、服用開始後も身体状況の変化についてはすべて担当医に報告する必要がある。B型慢性肝炎を合併している場合には、投与を終了した後に肝炎が再燃する恐れがあるので注意が必要である。また、腎機能が低下している場合には、用量を減らすなどの注意が必要である。特に注意すべき副作用は、重度の腎障害、腎不全のほか、女性においては肝障害(脂肪肝)の発症など。

(澤田康文 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フマル酸テノホビルジソプロキシルの関連キーワードジカルボン酸ヒドロキシルアミンヒドロキシル化フマル酸ヒドロキシル基ヒドロキシ酸HTTPプロキシーフマル酸ケトチフェン剤ヒドロキシリシンパッキング・プロキシミティ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone