コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フマンナン・ヤーザウィン Hmannan Yazawin

世界大百科事典 第2版の解説

フマンナン・ヤーザウィン【Hmannan Yazawin】

コンバウン朝ビルマのバジードー王(在位1819‐37)の勅命で編纂されたビルマ語の欽定年代記。編纂者はモンユエ僧正,トーカビン僧正など有識の僧侶,バラモン,大臣など13人で,1829年に編纂を開始し32年に完成した。正式には《フマンナン・マハーヤーザウィンドージー(玻璃王宮御大王統史)》と呼ばれる。内容は宇宙開闢,人類出現に始まり,バジードー王の治世1821年までのビルマ諸王朝の栄枯盛衰が,さまざまな挿話を交えて物語風に記述されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android