コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フマンナン・ヤーザウィン Hmannan Yazawin

1件 の用語解説(フマンナン・ヤーザウィンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フマンナン・ヤーザウィン【Hmannan Yazawin】

コンバウン朝ビルマバジードー王(在位1819‐37)の勅命で編纂されたビルマ語の欽定年代記。編纂者はモンユエ僧正,トーカビン僧正など有識の僧侶,バラモン,大臣など13人で,1829年に編纂を開始し32年に完成した。正式には《フマンナン・マハーヤーザウィンドージー(玻璃王宮御大王統史)》と呼ばれる。内容は宇宙開闢,人類出現に始まり,バジードー王の治世1821年までのビルマ諸王朝の栄枯盛衰が,さまざまな挿話を交えて物語風に記述されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フマンナン・ヤーザウィンの関連キーワードノルマン朝ビルマ戦争バウンドアウトバウンドデータアラウンパヤ朝インバウンドデータインバウンドリンクインバウンズツーバウンドインバウンドツーリズム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone