フュゴイド運動(読み)フュゴイドうんどう(英語表記)phugoid motion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フュゴイド運動
フュゴイドうんどう
phugoid motion

飛行機の動揺の一形態。 20世紀初頭にイギリスのフレデリック・ランチェスターによって解明された。釣り合い状態で飛んでいる飛行機が突風などの外乱を受けた際に対称面内で起こる縦の動揺をさす。このフュゴイド運動は飛行高度および速度が,数十秒ないし百数十秒のゆっくりした長周期の変動を繰り返すもので,一般に高性能の飛行機ほど減衰が悪いが,繰縦操作によって修正が可能である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android