コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フュチュナ諸島 フュチュナしょとうIles Futuna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フュチュナ諸島
フュチュナしょとう
Iles Futuna

南太平洋,フランス海外領ワリーエフュチュナの一部。別称オルン Horne諸島。フュチュナ島およびアロフィ島(無人島)からなる。1616年オランダ人ヤコブ・ル・メールが来航,1888年からフランス領。アロフィ島は森林に覆われている。フュチュナ島南岸に集落が,南東に空港がある。面積 64km2。人口 4873(2003)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android