コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フユイチゴ(冬苺) フユイチゴRubus buergeri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フユイチゴ(冬苺)
フユイチゴ
Rubus buergeri

バラ科のつる性常緑の小低木。カンイチゴともいう。アジア東部に広く分布する。日本では関東地方より西の各地の林や山地木陰に生える。茎は直立または斜上し,全体に細くやや短い毛があり,とげはほとんどない。長い匍匐枝を伸ばし,短柄の葉が互生する。葉は円心形で分裂せず,基部は心臓形をなす。夏から晩秋にかけて,葉腋に5~10個の円錐花序をつける。花は白色で径 1cmあまりの5弁花で萼には黄色みを帯びた毛がある。核果は多数集って球形となり,冬に赤熟し食用とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フユイチゴ(冬苺)の関連キーワードバラ科

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android