コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フユイチゴ(冬苺) フユイチゴRubus buergeri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フユイチゴ(冬苺)
フユイチゴ
Rubus buergeri

バラ科のつる性常緑の小低木。カンイチゴともいう。アジア東部に広く分布する。日本では関東地方より西の各地の林や山地木陰に生える。茎は直立または斜上し,全体に細くやや短い毛があり,とげはほとんどない。長い匍匐枝を伸ばし,短柄の葉が互生する。葉は円心形で分裂せず,基部は心臓形をなす。夏から晩秋にかけて,葉腋に5~10個の円錐花序をつける。花は白色で径 1cmあまりの5弁花で萼には黄色みを帯びた毛がある。核果は多数集って球形となり,冬に赤熟し食用とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フユイチゴ(冬苺)の関連キーワードバラ科

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android