コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラシン furacin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フラシン
furacin

ニトロフラゾン。フラン誘導体から選び出された化学療法剤で,黄色結晶性粉末。グラム陽性および陰性菌に広く作用し,その作用は発育阻止的なサルファ剤のそれとは異なり,殺菌的である。軟膏または水薬として外用された。 1944年 R.ドッドと W.スチルマンが開発。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android