フラナガン(読み)ふらながん(英語表記)Tommy Flanagan

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フラナガン(Tommy Flanagan)
ふらながん
Tommy Flanagan
(1930―2001)

アメリカのジャズ・ピアノ奏者。デトロイトで、ギター奏者の父親とピアニストの母親の間に生まれる。6歳のとき、クリスマス・プレゼントにクラリネットを贈られ、小学校ではクラリネットを吹いていた。11歳ごろ、ピアノ奏者である兄の影響でピアノを演奏するようになる。15歳でプロ・ミュージシャンとしての活動を始め、1947年地元出身のテナー・サックス奏者ラッキー・トンプソンLucky Thompson(1924―2005)がデトロイトに戻った際に編成したセプテット(七重奏団)に参加する。この七重奏団には、バリトン・サックス奏者のペッパー・アダムズPepper Adams(1930―86)、ギター奏者のケニー・バレルKenny Burrell(1931― )らがいた。
 1951年兵役にとられ歩兵として朝鮮戦争へ出征する。53年除隊しテナー・サックス奏者ビリー・ミッチェルBilly Mitchell(1926―2001)のバンドに加わり、ここでトランペット奏者サド・ジョーンズThad Jones(1923―86)、ドラム奏者エルビン・ジョーンズElvin Jones(1927―2004)の兄弟と出会う。56年バレルとニューヨークに出、すでに当地で音楽活動を行っていたサド・ジョーンズ、ミッチェルの紹介により中央のジャズ・シーンで活動を開始する。ブルーノート・レーベルのバレルのリーダー作『ケニー・バレルVol. 2』(1956)のサイドマンを皮切りに、テナー・サックス奏者ソニー・ロリンズの名盤『サキソフォン・コロッサス』(1956)、トロンボーン奏者J・J・ジョンソンJ. J. Johnson(1924―2001)の『ダイアルJ・J・5』(1957)など、著名なアルバムの名脇役としてしだいに頭角を現す。
 1957年、ジョンソンのグループに加わりヨーロッパ・ツアーを行った際、彼のリズム・セクションを借り、スウェーデンでトリオによる初リーダー作『オーバーシーズ』Overseasを地元のレーベル、メトロノームに吹き込む。初めてのトリオ作品は希少価値もあり日本での彼の評価を高めたが、地味な持ち味のため、この時期アメリカで彼のリーダー作は60年にムーズビル・レーベルに吹き込まれた『ザ・トミー・フラナガン・トリオ』しかない。しかし彼のサイドマンとしての力量は高く買われ「名盤の影にフラナガンあり」といわれ、歌の伴奏者としても評価され、歌手トニー・ベネットTony Bennett(1926― )、エラ・フィッツジェラルドのサイドマンとしても活躍する。
 1975年、おりからの伝統的ジャズ見直しブームにのって、15年ぶりのリーダー作『ア・デイ・イン・トーキョー』を吹き込む。以後、日本におけるピアノ・トリオ人気を背景に多くのリーダー作を録音し、78年に「スーパー・ジャズ・トリオ」を、83年にはベース奏者ロン・カーターRon Carter(1937― )、ドラム奏者トニー・ウィリアムズTony Williams(1945―97)を従えた「マスター・トリオ」を結成する。そのほかの代表作に『エクリプソ』(1977)、『セロニカ』(1982)などがある。彼のピアノ奏法はバド・パウエルの系列に連なるオーソドックスなもので、その繊細で控えめな魅力は、日本のジャズ・ファンによってみいだされたといえる。[後藤雅洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フラナガンの関連情報