コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラバシ フラバシFravashi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フラバシ
Fravashi

ゾロアスター教の経典にしばしば登場する霊的存在。多くの場合,死者,ことにゾロアスター教を信仰した義人たちの霊魂をさすが,アフラ・マズダをはじめとする神々や,まだ生れぬ人間もそれぞれのフラバシをもつともいわれ,プラトン哲学のイデアを思わせるところもある。だが最も古くは,インドのマルトなどと似た,大気現象を司る青年戦士神の集団であったと考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のフラバシの言及

【ハトラ】より

…彫刻はグレコ・ロマン風の写実主義的なものであるが,パルティア彫刻の特色たる厳格な正面観描写,硬直した姿態,細部(頭髪,ひげ,眼球,衣服などの文様)を詳細克明に再現する〈真実主義〉,線を重視する彫法を示す。とくに個性豊かな王侯肖像はパルティア系国王のフラバシfravaši(永遠不滅の人格=霊魂)を擬人化したもので,都市の守護神,人民の救済者像として礼拝された。ハトラは1~2世紀にはローマに敵対したが,アルサケス朝滅亡(224)後はローマと同盟して新興のササン朝と抗争したので,ローマ文化の影響も認められる(ローマ産大理石の軍人彫刻)。…

※「フラバシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android