コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランクフルト・アム・マイン Frankfurt am Main

世界大百科事典 第2版の解説

フランクフルト・アム・マイン【Frankfurt am Main】

ドイツの中西部に位置するヘッセン州最大の都市で,ラインマイン広域圏の中心都市。合併した32町村を含め,市域面積は249km2,人口は65万2000(1995)。 タウヌス山地を背にし,肥沃なウェッタラウ低地の南端を占め,気候温和で,ライン川に注ぐマイン川河畔というヨーロッパの交通の十字路にあたる。中世以来,政治,経済,文化の要地となり,今日なお国際的な商業・金融都市として名高い。マルク通貨の総元締めたる連邦銀行や内外の代表的金融機関商事会社メーカー外国公館,諸官庁が市内に集まる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フランクフルト・アム・マインの関連情報