コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランスの学制と語学教育

1件 の用語解説(フランスの学制と語学教育の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

フランスの学制と語学教育

小学校は5年、中学は4年、高校は3年制。中学までが義務教育で、通常は入学後すぐに第1外国語を始め、2年後から第2外国語を習う。いずれも高校まで続ける。学校や街の規模にもよるが、伝統的に英語やスペイン語ドイツ語などの選択肢が用意されることが多い。高校では第3外国語を習うことができるが、必修ではない。小学校でも週1時間半の「手ほどき」があり、英語を学ぶ例が圧倒的だ。

(2014-05-08 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランスの学制と語学教育の関連キーワード中学校僻地教育県内のいじめ小中一貫教育へき地学校学校の英語新学習指導要領とNIE県内の不登校総合的な学習の時間(総合学習)6・3制

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フランスの学制と語学教育の関連情報