コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランスの左派

1件 の用語解説(フランスの左派の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

フランスの左派

ナチス・ドイツに対するレジスタンス(抵抗運動)の先頭に立った共産党が45年の総選挙で第1党となり、社会党とともに政権を担うなど、第2次大戦直後に左派が大きく躍進。その後、多党乱立で政権は不安定になりがちだった。58年に右派の大物ドゴール氏が政界に復帰し、大統領権限を強化した第5共和制下の初代大統領となり、右派政権が続いた。ドゴール体制に反発した68年の5月革命を経て、81年には社会党のミッテラン政権が発足し、95年まで続いた。右派のシラク政権下でも社会党は97年から5年間、保革共存政権(コアビタシオン)に参加した。

(2009-03-18 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フランスの左派の関連情報